「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」に学ぶ筋トレの本質とは?

Pocket

今回はいつもとは違った目線の記事を書いてみたいと思います。

私が好きな本の中に、「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」というパーソナルトレーナーの方が書かれた本があるのですが、この本に書かれていたことをメモした内容を久しぶり見たので、皆さんにもシェアできたらと思っています。

【スポンサーリンク】

トレーニングの本質とは?

トレーニングというのは、一朝一夕で成果が出るものではありません。
そのことを著者はこう述べています。

トレーニングは、短絡的なことばかりもてはやされている現代において、数少ない、短絡的でないもの

本当にトレーニングの意味を理解したら、「すぐに成果があがる」「すぐに儲かる」といったうさんくさい謳い文句や、お金ですべてが解決できるような思想に惑わされない

確かにそうですね。
獲物を狩りしてその日暮らしをしていた時代では、短期的思考が非常に大事でした。
今日の食べ物をなんとしても採らなければ生き延びることができないからですね。

■トレーニングの習慣化

⇒トレーニングは歯磨きのように習慣化することにより、続けられるようになる

⇒自分で決めた行動を習慣化すると、メンタルタフネスは確実に向上する

⇒トレーニングにかぎらず、何か自分を律する習慣を持つことは、ビジネスで成功するための必須条件と言ってよい

トレーニングは習慣化することが大切です。
習慣化されていないトレーニングは、トレーニングをしていないのとほぼ同じです。
一日5時間頑張るよりも、毎日、あるいは3日に1度、1時間を1ヶ月以上続ける方がより大きな成果(筋力や筋肉量アップ)に繋がります。

大人になってトレーニングを始める人の動機と問題点

筋トレは、スポーツが職業の人以外は、大体がおとなになってからトレーニングを始めようとするのですが、その動機次第で成功するか失敗するかが判断されると言っても過言ではありません。

●流行系

⇒「みんながやってるから楽しそう」等、外的要因に左右されているタイプ⇒他者からの情報に依存しているタイプ

●メタボ系

⇒「健康診断が近いので数字をよくしたい」等⇒他人の決めた基準に右往左往させられている状態は、動機としては弱い

●モテたい系

⇒「痩せたい、人前で脱げる体になりたい」等⇒テレビや雑誌に登場する「かっこいい有名人」たちの姿があるだけで、自分自身が引き締まった体になることがイメージできていない

●コンプレックス系

⇒「昔から太っていた、ケンカが弱かった」等⇒結局は他人の目を気にしており、動機としては主体的でない

 

トレーニングの目的の本質とは?


単純に筋肉をつけたり痩せたりすることではなく、健康・仕事・家庭といった、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させることであること。
そして、一番大切なのがトレーニングの目的は「続けること」にあると言ってもいい。トレーニングを継続するためのコントロール方法を自分なりに模索していくプロセスは、ビジネスで成功するノウハウと重なるところが非常に多い

よいトレーニングができている人に、仕事ができる人が多いのはそのため

筋肉を成長させる3つの条件とは?

●機械的破壊

筋肉繊維はトレーニングによって傷つき、破壊されることによって再生が始まる。
その再生の際に、元の状態よりも大きな状態となって再生する。

●成長ホルモンの分泌

成長ホルモンの分泌を促す体内環境を人為的に作り出すためには、筋肉を短時間のうちに疲労させ、酸素の供給を減らし、代謝産物である乳酸を大量に分泌させる

●適切な負荷

筋肉を効率よく成長させるためには、継続的に負荷を大きくしていく必要がある。
同じ負荷で継続していただけでは、大きな成果は得られません。徐々に負荷は大きくしていく必要があります。

筋肉トレーニングの5つの原則

●意識性

「持久力を上げたい」「痩せたい」という本人の意識がまったくなければ、効果は表に出ない

【スポンサーリンク】

一つひとつの動作の際に、「これは○○の筋肉を鍛えるためにやっている」といった意識がなければ、それに応じた効果も上がってこない

●漸進性

トレーニングを続けるにあたっては、運動メニューを少しずつ変化させ、負荷を大きくしていく必要がある

勉強や仕事でも、少し背伸びをしたときに、最も成長すると言われており、少しずつでいいから、常に新しい刺激を与えていかなければならないのは、肉体も脳も同じということなのでは?

●継続性

たとえ1ヵ所の筋肉を鍛えるだけでも、だいたい6週間ぐらいは同じ方法を続けてやらなけれな結果は見えてこない

この「継続性」こそ、トレーニングの目的そのものといってもいいぐらい重要

トレーニングの常識・非常識とは?

こちらは要点を箇条書きで書いていきたいと思います。個別の内容については、また別の記事を更新していきたいと思います。

●筋肉をつけると痩せやすくなる?

●「カロリーオフ」だったらどんなに飲んでも大丈夫?●有酸素運動をすれば痩せられる?

●消費カロリーが増えても痩せない?

●有酸素運動をするとシワが増える?

■トレーニングに適した時間帯

トレーニングに一番適した時間と言われているのは「寝る直前の時間」と言われています。

寝る直前というのが、時間的に難しければ、夕方6時~8時でもOKです。

逆に、トレーニングに向いていないのが、「昼の2時~5時」「朝食前」だそうです。

ただし、筋トレの目的が、筋肉量の増加ではなく「痩せたい」のなら、朝食前がよいそうです。

トレーニングと食事について

筋肉をつけるための食事

  • トレーニング前は、パンやご飯などの炭水化物をなるべく食べるようにする。
  • トレーニング時間を通して500ml以上は水分を取ること
  • そして、トレーニングが終わったあとは、アミノ酸を摂取する。
  • トレーニングを習慣的に行っている人なら、たんぱく質も必須(プロテインなどで補給)

 

痩せるための食事

  • 食事の回数を増やし、できるだけ小分けにして食べること
    • 「4時間おきの1日4食」がおすすめ
  • 総カロリー数は変えずに、たんぱく質、脂肪、炭水化物の割合を変えていく

これもまた詳しくは別の記事で書いていきたいと思います。

トレーニング時の理想の睡眠

トレーニングしているときは、1日8時間くらいの睡眠時間が理想です。
睡眠のゴールデンタイムは「11時~12時」と「2時~3時」の2回あるそうなので、この2つのゴールデンタイムを活かすために、11時までには寝るようにしましょう。

筋トレの後に休養が必要なのと同じ理由で、食事の後にも休息(=昼寝)が効果的だそうです。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

筋トレで悩んでいる人は、この中でなにか思い当たる点があると思います。

私もこの本を読んでからは、筋トレは、まず続けること=習慣化が大切だということが分かりました。
自分ひとりで習慣化するのって中々大変だと思うので、一番の理想はパーソナルトレーナーを付けて自宅に来てもらったりしてトレーニングをするのが良いと思いますが、一体いくら掛かるんだろう・・・笑

それくらいトレーニングやダイエットは難しいということですね!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

ぜひ、関連記事もご覧ください。

 

【スポンサーリンク】