スポーツクラブ(ジム)へ行くときのメイクはどうしたらいい?

Pocket

 AI_IMG_7789500-thumb-1200x800-5536th_

ランニングやスポーツジム、ヨガやボクシングなど
今スポーツクラブが流行しています


体を動かして汗をたくさんかくと
とても気持ちがスッキリして健康にも良いですしストレス解消にもなります♪

ですが女性の場合、汗をかくと気になるのがメイク崩れ

マスカラが落ちてパンダ目になったり
ファンデーションが落ちてベタベタになったりと散々・・・


仕事帰りにそのままジムへ向かう方や、すっぴんを人前にさらせない方など
困っている方は多いのではないでしょうか?


そこで、どういう対応があるのかいくつか紹介していこうと思います。
これからの季節、海水浴やプールでも使えるかも!

Sponsored Link

対策1.ウォータープルーフ系の化粧品を使う

MS251_kosumeset500-thumb-750x500-2642th_

一番手っ取り早くできるのは、ウォータープルーフ系の下地を使う事です。


ベースを汗に強いものにするだけでかなり違いますよ。
アネッサなどが有名ですね。

他にもファンデーション、マスカラ、アイラインなども
ウォータープルーフ系にすると、持ちが断然違ってきます。

多少の汗では崩れません。

資生堂やカネボウ、コーセーなどいわゆる化粧品メーカーからも
汗に強い化粧品が色々出ていますので
口コミなどでよく聞く商品を使ってみるのも良いかもしれません。

 

対策2.パンダ目を防ぐ


一番メイク崩れしやすい所が“まつげ”部分
いわゆるアイメイクです。

このアイメイク、汗を拭くために
よく拭いたりこすったりする部分ですよね。

アイメイクが崩れてしまうと、
いわゆるパンダ目になってしまい、しかも自分では気づきにくいので、
鏡を見て「ギャー———!!」となった経験を
持つ方も多いと思います。

そうならないためにもアイメイクだけは
しっかりやっておきたいですね。

今は100均にもウォータープルーフ系の
アイライナーやマスカラなどありますので試してみる価値は有りです!

 

崩れにくいメイクのやり方

 

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_mth_
メイクは、厚く塗れば塗るほど崩れやすくなります。
また塗り方にムラがあっても崩れやすくなります。

基本的に運動するときは薄いメイクを心掛けてください

コントロールカラーやコンシーラーなども
広い範囲に使うのではなく、ポイントで使ってください。

また塗り方にもコツがあり、
スーッと肌の上を滑らせるように塗るのではなく、
ポンポンと叩くように塗り広げていきます。

こうすることで、密着感がアップし、
化粧持ちがグンと良くなります。

ただし、叩いて塗る時に力を入れると
肌を傷つけてしまうので
絶対に力を入れないように気をつけてくださいね!

 

4.開き直ってノーメイクで!

これが一番お肌にとっても良いと思うのですが、
いっそのこと“ノーメイク”という選択肢もアリではないかと思います。

出会いなども求めている方は難しいかもしれませんが、
真剣に運動をするのであれば、逆に集中できて良いかもしれませんね。
私は結構面倒くさがりなので、ノーメイクが一番好きです(笑)
 

まとめ

健康になるため、美容のため、スポーツクラブへ行く理由は
人それぞれですが、せっかく行くなら楽しくやりたいもの。

崩れにくいメイクで自信を持てれば、より楽しく運動ができると思います。
今では様々な化粧品が出ていますので自分に合った化粧品を見つけ、メイク方法を覚えて
より楽しいスポーツライフを送りたいものですね!

Sponsored Link