雨の日にランニングする時はどんな格好が良い!?レインウエアや帽子はどれを選べばいいの?

Pocket

th_Nike_Aeroloft_Hybrid_Jacket_Mens_original

ランニングを日課としていても、
「今日は雨だからやめておこう・・・」という人も多いかと思います。

走りたいのに雨が降っているため断念する人も多いのではないのでしょうか。

また、梅雨などの長雨の時期にはブランクが長くなり
せっかくつけた脚力やモチベーションの維持に影響してくることもあるかもしれません。

実は意外にも雨の日は、他のランナーや犬の散歩、自動車などが少なく
ランニングしやすい
状態なのです。

ですが視界が悪かったり気温が低いことも多いので注意も必要です。
そんな時におススメなのがレインウエアです。

ランニングやジョギングがブームになっている今、レインウエアの種類も豊富にありますので
選ぶのにも迷ってしまいますね。

そこでどんなレインウエアや服装が良いのかなど
雨の日のランニングについてまとめてみました。
 

 

Sponsored Link1

1.雨の日に走る時の服装

00722OP-35_1
雨の日は視界が悪く、体が濡れる上に気温が低いので注意が必要です。

まず、必ず準備してほしいものは、レインウエア野球帽のようなつば付のキャップです。


レインウエアはフード付きで上下セットとなっているものが良いと思います。

上半身だけだと下半身が雨に濡れてしまい、
体も冷える上に、雨で服が重くなり走りにくくなってしまいます。

またフードがあると、頭から首に流れ落ちる雨を防ぐことができるのでよいでしょう。

また合わせてつば付のキャップをかぶると、
走っている時に目に雨が入りにくくなり視界が良くなるのでおススメです。

レインウエアの中の服装は、水を吸収して重たくならない素材のものが良いかと思います。
ウエアは水で濡れると体に張り付くものが多いので
冷えが増長しますので注意が必要です。


2.レインウエアの選び方


レインウエアはどんなに撥水性が高くても
少しでも体が濡れる部分を減らすために、上下セットのものが好ましいですね。


繰り返しになりますが、真夏以外は体が濡れると本当に寒いです。


また雨の日には周りの視界が悪いので、
歩行者や自転車、自動車に分かりやすい様に
蛍光色などの明るい色を選んだ方が良いでしょう。

特に黒色は本当に分かりにくいのでなるべく避けるようにしたいですね。

 

3.シューズは履き古したものを使う

th_running-in-the-rain-blog-3-pic

雨の中を走るという事は必ずシューズは濡れてしまう上に
泥などの汚れが付きます。

ですので、汚れてもいい、もうはかなくなったような
使い古したものをはくと気兼ねしなくていいので楽です。

また濡れた靴は気持ちの悪いものなので、慣れるまでは走りにくいかもしれませんが
ビニールをふくらはぎに巻いて走ると少しは違うようですよ。
ぜひお試しください!

4.体を冷やさにようにする

man-running

雨の日のランニングで一番気をつけないといけない事は
“体を冷やさない”という事です。

雨に濡れた体は、レインウエアを着ていても
どうしても冷えてしまいがちです。

そこから風邪をひいてしまったりすれば本末転倒です。


また、雨の日のランニングは体が濡れた状態で走るため
余計な力が入りすぎてしまい、いつも以上に体力を使います。

ですので、ランニングが終わったら膝から下を中心にマッサージをする、
すぐにお風呂で体を温めるなどアフターケアもいつも以上に念入りにしてくださいね。
 

5.雨の日は自分を振り返るチャンス!


雨の日のランニングはメリットが少なそうですが、
実は結構メリットもあるのです。


晴れた日と、雨に日のランニングの違いにたくさん気づくことができます。

雨で視界がどのくらい見えにくくなるのか、
体が濡れて走った時の体力の奪われ方や体の冷え方、
またランニングコースの滑りやすい個所など
たくさんの違いに気づくことができます。

趣味でランニングをしている方はそこまで思わないかもしれませんが、
レースや大会に出場している方は、
出場する日が必ず晴れているわけではないので
雨の日のランニングという“経験”はとても大事なことだと思います。

ですが、無理をしない事が一番重要ですので、
雨の日はランニング行かない代わりに、トレーニングジムへ行ったり、
家でじっくり今までの反省をしたり
自分と向きあうなど、メンタル面でのトレーニングをする日とするのも良いですね!


雨でも晴れでも自分の体調にあったランニングやトレーニングで
よりよいランニング生活を送りましょう!

 

Sponsored Link2