イチローの高校時代の成績が凄すぎる件


ichiro
 


今シーズン、ヤンキースからマリーンズへの移籍契約を正式に終え、
マリーンズでのプレーが決まっているイチロー選手

 

2001年にメジャーデビューして以来
圧倒的なパフォーマンスと成績で、40歳を超えてなお
世界中のファンを魅了し続けています

 

そんなイチロー選手の
高校時代の成績が凄すぎると話題になっています

 

画像出典 pack4news.blog57.fc2.com

 

2打席に1度はヒット確定!?投手にとっても脅威の打率…

 


高校通算成績:打率.501
(536打数269安打) 盗塁131回


本塁打19本
二塁打74本
三塁打28本

 

 

この数字が何を示しているのか分かりやすく言うと、
 


「鈴木一朗(イチロー)という打者が打席に立った瞬間、
2打席に1回はヒットが確定している」

 

ということになります(笑)
 

高校3年生の地方大会では、

打率7割以上を記録していたというデータもあります^^;

 

なんということでしょう・・・

 

しかし、驚くのはまだ早いです
凄いのは野球の成績だけではありませんでした
 
 

イチローは勉強も凄い!成績は常にトップクラス!

 
ca75c625
 
これだけの成績を残すためには、そうとうな時間の練習が必要です。
 
高校時代は当然甲子園に向けて、
ずっと野球の練習で忙しいだろうから、勉強ができなくても仕方ないよね・・・


そう思って調べてみてみると、何と意外な真実が判明しました。

なんと、、、

 

 

成績は常にトップクラスであるということ!


そして気になるその成績は・・・

 

 

数学と音楽が“4”
あとはすべて“オール5”という圧倒的な成績
 

 

通っていた高校の校長も「東大合格も夢ではない…」

と真剣に言われたほどの優秀な学力だったんだとか。

 

 

高校の頃から文武両道だったなんて、

非の打ち所のなさ過ぎて本当に尊敬します。

 

 

実は野球の練習と勉強は嫌いだった!?イチローの深イイ~話

 

8c48010c

イチローがプロに入ってからも、その独特の深~い発言が話題を呼び

イチローの名言集を綴った本が出版されるほどです。

 

 

その中の一部にこんな言葉があります。

 
「そりゃ、僕だって、勉強や野球の練習は嫌いですよ。
だれだってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。
でも、僕は子どものころから、日標を持って努力するのが好きなんです。
だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか」 (イチロー)
 
 
嫌いと思っていながらも、
自分の目標に向かって、粛々とやるべきことをこなし、
静かに闘志を燃やしながら向かっていくその姿。。。
 
 
もしかすると今の自分に欠けている部分のような・・・
 
 

 

イチローは高校時代から異次元だったのか?

 

まったく非の打ち所の見当たらない
日本が産んだ伝説の安打製造機イチロー

 

1989年(平成元年)に愛知工業大学名電高校(愛工大名電)に入学したイチローは、
すぐに野球部に入部し、寮生活がスタートしました

入学早々、当時の中村監督には、生意気な口調で

 
「センター前ヒットならいつでも打てますよ」
 
と、堂々と明言していたんだとか。

そして、いざ紅白戦や実戦になると宣言通りバンバンヒットを重ねて
いったんだとか・・・
 
普通は自信があっても、ここまで大きな事
なかなか恐ろしくて口に出せませんよねぇ~
 

実際に、数字を出しているところがイチローらしいですね

 
 

打割5割という異常さ

 

 

 プロ野球では、打率が3割を超えたら好打者と呼ばれ、
2割代なら来年の契約が危ないと言われています。

 

選手間の能力差の大きい高校野球なので、
単純にプロの数字と比べるのは正しくないかもしれませんが、

 

高校野球の世界でも平均打率が3割を超えていたら
やはり好打者と呼ばれるようになります

 

※当時のイチローのバッティング映像がコチラ

 

プロ入りはまさかのドラフト4位。スカウトの目にどう写っていた?

 

高校野球も圧倒的な成績を残していたイチローですが、
プロへの道は、冷や汗をかくような展開となりました。
 
 
現在もイチローが 「恩人」と呼んでいるのが、
当時オリックスのスカウトだった三輪田勝利氏

 

三輪田氏は1998年にこの世を去りましたが、
イチローは、今でも三輪田家の墓参りを欠かさないんだとか。
 
 
イチローのバッティング技術、
秘められた可能性にいち早く気付き、
当時の12球団の中で、唯一イチローを使命したのがオリックス。
 
 
そのオリックスでスカウトを務めていたのが、三輪田勝利氏です。

 

決して体格的には恵まれているとは言えないイチローですが、
今こうやって大柄な選手に囲まれた中で活躍する姿が観られるのは、
三輪田さんのお陰と言っても過言ではないでしょう。

 
もし、三輪田さんがイチローを指名していなかったらと思うと、、、
考えただけで、恐ろしくなりますね
 

イチローは日本の球団に戻ってくることはあるのか?

maiami

 

「喝っ!」

でお馴染みの、張本さんは番組の中で、

 
「彼の性格的に日本に戻ることは無いだろうねぇ~」
 
 
と口にしていましたが、1人のイチローファンとしては、
日本に戻ってくることをただ願うばかりです。。。
 
 
今季はマリーンズに移籍し、新天地でメジャー通算3,000本安打という
大記録に向けての活躍に期待です。

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲